誰でも!すぐに!簡単に!楽に!これだけで!

エッセイ

ダイエット、投資、勉強、恋愛、仕事術などなど。

これらの悩みの解決方法をネットや本で探す人は多い。

検索上位のブログや動画でよく目にする言葉がある。

・誰でも
・すぐに
・簡単に
・楽に
・○○だけ

そんなうまい話あるわけないと分かっていても、ついつい見てしまう。

お手軽至上主義

・誰でも10kg痩せられる
・すぐに異性にモテます
・簡単に100万円稼げます

これらが全部叶ったら最高だ。

みんな出来なくて苦労してる。

すぐに痩せたい。すぐにモテたい。簡単にお金を稼ぎたい。

そんな世界があれば。

でも世の中がおかしくなりそう。

みんなが「もしもボックス」を持ってるような感じかな。

誰でもってことは、

みんなお金持ちで、
みんなストレスがなくて、
みんな異性にモテて、
みんな出世して、
みんな頭が良くて、
みんな英語がしゃべれるようになって。

みんながみんなこんな充実してたら争いごとはまず起きない。

完全に世界平和だよ。

すぐに手に入らないから希少性がある

すぐに手に入るものは差別化できない。

努力や苦労をして手に入れないと価値がない。つまり希少性。

セブンイレブンのツナマヨおにぎりを食べたとして自慢しますか?

それがどれだけ美味しくても、誰にでも手に入るものだから優位性はない。

日本人が日本語しゃべれることを自慢しないのと同じ。みんな出来ることだから。

差別化の逆。

なぜTOEICに価値があるのか?

それは「すぐに」「簡単に」手に入らないから。

1日何時間も勉強して、やっと手に入る。だから価値がある。

もし誰でも1ヶ月で英語が話せるようになったらTOEICや英検の価値がなくなる。

別に努力の大切さとかを言うつもりはない。

だって「すぐに」目標達成できるならそれに越したことはない。

当ブログ

このブログは2年以上やっている。

始めたとき参考にしてたブログに『「すぐに」とは言わないけど半年ぐらいで数万円稼げる』と書いてあった。

ただし「毎日更新。努力しましょう」と。

やはり努力だ。

では努力とはなんだろう。

極論を言うと、努力は時間だ。

時間をかけないと成果は出ない。

例えばこのブログを10年毎日更新したとする。

記事の中身が空っぽだとしても、「10年毎日更新」というのはかなりの希少性になりえる。

なのでこれから毎日ブログを更新しよう、と思うけど多分無理だろうなぁ。

タイトルとURLをコピーしました