会社を辞めたいけどその後が不安

ビジネス

・会社を辞めたい
・辞めた後の転職が不安

この2つのどちらも選ぶことが出来ない。文字にすると単純でバカみたいだけど不安がループしている。

会社を辞めたことは過去に二度経験しているのでそこまで難しいことではない。

辞めた後の解放感と無力感も覚えている。「世界は広いんだ」ということも感覚として分かっている。

 

同じように転職活動の大変さも覚えている。もう一度あんな思いをするのは正直しんどい。

だがそれは乗り越えられる。問題はその後。

「どうせ転職しても今と変わらないか、今より悪くなる」と思っていること。転職に対して前向きな感情がない。

人間関係の再構築がめんどくさいとか、今の職場よりもヤバい人やキツい仕事だったらどうしようということばかり考えてなかなか踏み出すことができない。

 

転職回数が2回でさえ多いと言われることがあるのに、転職3回というハンデを背負えるのかという不安もある。

別に世間的にどう思われてもかまわないけど自分に自信をなくしていることが問題。

このままフラフラとじじいになるまで転職を繰り返すのか。

この転職回数ではまともに退職金ももらえない。

将来、同級生が悠々自適な老後を送ってるのを横目に、自分はバイトでもしながら極貧生活を送るのだろう。

 

今すぐに会社を辞めたい。

今の職場はハラスメントを受けたり残業が異常ということはなく、表面上は大きな問題はなさそうに見える。

なら、なぜ辞めたいのか。

理由は細かい不満が多いから。会社の価値観や文化を受け入れられない。

例えばブータンが世界一幸福な国だとしても、自分に合わなければ辛いだけ。

ホワイト企業に認定されている会社に勤めても、自分に合わなければ辛いだけ。

自分が合わせにいく、自分の考え方を改める必要はあるかもしれないけどそれにも限度がある。

どうしても受け入れられないことはある。

「たかが仕事」と割り切れればいいのだが、1日最低8時間も過ごす場所を「たかが仕事」の一言で済ますにはあまりに拘束時間が長い。1日の1/3だもんな。

 

もうここまで書いてきて結論は出ている。

「自分がいたくない場所に無理している必要はない」

さっさと辞めればいい。でも怖くて出来ない。それの繰り返し。ループ。

 

宝くじを買う人の気持ちが分かる。

一瞬で生涯収入を手に入れて会社を辞めたい人が多いってことだよね?

だとしたら、日本人病みすぎだろ。

もちろん、宝くじを買う人数=会社を辞めたい人数ではないだろうけど、こんな確率低いことにすがってまで会社を辞めたいのに働いてる人がいるなんてメンタル強すぎて尊敬する。

いつも「辞めたい死にたい」と言ってる自分とはえらい違いだ。

 

さて、これからどうするかな。