仕事してる感じでサボる方法5選

ビジネス

会社でやることがなくなったときに何をすればいいか紹介します。
ネットサーフィンやトイレでサボるというようなことではなく、仕事してるように見えてサボる方法となります。

スポンサーリンク

メール

まずはメールを読みます。真剣に。
既に見たメールでも「重要なことが書かれている」かのように真剣な表情で読めば仕事している風に見えます。
無駄にボールペンをモニターにあてて字を追ってる演技をするのもアリです。

読むメールがなくなったら振り分け設定やフォルダ整理をしましょう。
フォルダを作成したり削除したり、送信者ごとに振り分けをしたりして仕事の効率化を図っている感じを出します。

グループウェアの掲示板

会社からのお知らせを読みます。
こちらもメール同様に、特に重要な内容でなくても「ちゃんと読んでますよー」とアピールする感じで読むとGOODです。

社内書類

就業規則や会社規定を読みます。
昇給の条件や就業時間の計算単位など、知っておくべきことが書かれているのできちんと読むことをオススメします。会社にもよりますが数十ページはあるはずなのでいい時間潰しになります。

マニュアル作成

これまでに紹介した方法は”読む”タイプでしたので、ここからは”手を動かす”タイプです。
まずは業務のマニュアル化を紹介します。
Excelを立ち上げて業務を箇条書きしたりスクショを貼ったりします。
既にマニュアル化されている業務だとしても、自分の経験で得た知識や情報を洗い出します。
これなら誰かに見られても「後進のために自分の業務を残しています」という大義名分になります。
ただ単に時間潰しだけでなく、書き出すことにより業務の振り返りや問題点の発見に繋がることもありますのでオススメです。

マクロ

ExcelでVBEを立ち上げてネットで検索したコードをコピペします。
画面に適当に入力したり削除したりするだけでも仕事してる風に見えます。
もちろん周りの人がVBAに詳しくないというのが前提条件にはなりますが。
VBAのいいところは多少手が止まっていても「考えながら書いている」というアピールが可能となります。

最後に

私が以前勤めていた会社は不定期で土曜出勤がありました。
ほとんどの人が有休で不在、取引先も休みなのでめちゃくちゃ暇でした。
私は入社した直後で有休がなかったので出勤したわけですがとにかくやることがない
同じく暇だけど仕方なく出勤している上司が巡回しているので、露骨にネットサーフィンや居眠りは出来ませんでした。
そこで泣く泣くこれまで紹介した技?を実践しました。

こういった土曜出勤に限らず例えば30分だけ手が空いてしまった場合、他の人を手伝うのが微妙だなというときはこれらの技を使います。
厳密には完全なサボりではないですがね。