【日帰り旅行】名古屋から熱海(初島)へ

趣味

一人で熱海まで行ってきました。

・海が見たい
・温泉に入りたい
・美味しいものが食べたい
・ビール飲みたい

名古屋でも出来ることばかりですね。東京や大阪でもできそう。

ですが、ぼくが旅行する理由は「その土地の空気を吸う」ことです。

雰囲気やそこに住む人を見るのが楽しいのです。

熱海なんて観光客ばかりですが。

 

この旅は日帰りです。しかも夕方には名古屋に戻ってきたというスケジュールです。

何しに行ったんだよ!

って感じですが、逆に言えば熱海は気軽に行ける旅行先ということです。

(この記事は2019年10月時点の情報です)

スポンサーリンク

新幹線とフェリー

こだま:名古屋(6:46)→熱海(8:37)

早得グリーンに乗りたいからこだまです。

意外に時間がかかりますね。のぞみ以外に乗る機会はあまりないので新鮮です。

熱海と言っても、今回の目的地は初島です。

熱海港10:00発のフェリーに乗りたい。

熱海駅からフェリー乗り場まではバスを利用しました。運賃は230円、所要時間は約10分です。

歩いても行ける距離です。

9:10ぐらいにフェリー乗り場に着いてしまったので、乗船券を買ってその辺をウロウロしました。

フェリーの往復券&温泉&リゾートのセット券が3800円。

「歩けばちょうどいい時間だったかも。もしくは駅前で足湯に入ってもよかったな」と後悔しつつ、海を眺めていました。やっぱり海は癒されますね。

出港時間が近づくと人が増えてきました。

乗れないと困るので早めに改札に並びます。けっこうな人がいましたが、ちゃんと全員乗れてました。

船にあまり乗ることがないので、外観で収容人数が全然分からないな。

早めに並んだおかげで窓際の席に座れました。

乗船時間は約25分。

揺れるかなと思いましたがそこまででした。市内バスぐらいですかね。船酔いとは別で広場恐怖で若干気持ち悪くなりましたが。

フェリーと言っても車が乗るようなものではないので船内はシンプルです。

特にやることもなく、海を見飽きた頃に到着しました。

船で熱海の地形を見ているとき、香港に似てるなとふと思いました。

山が海に面しているところとか。んー上手く説明できないですが。

上陸

到着は10:30頃。まずは遅めの朝食を食べます。

上陸すると食堂がズラーッと横並びで軒を連ねています。

この時間だとまだ開いてない店もあり、客入りはボチボチです。

ですが、お昼時は混むので下船したらすぐ食べた方がいいです。

ぼくが行ったのはこちらのお店。

【めがね丸】
・船長おまかせ丼1700円
ネタ:アジ、イカ、甘エビ、ネギトロ、カンパチ、サザエ、他
米:山形県産ひとめぼれ
・生ビール650円

初島で検索するとオススメ上位に出てきます。

有名なお店らしく、店内には有名人の写真がたくさん飾ってありました。コロッケさんとか。壁を背にした席だったので全部見えませんでした。

 

店内には既に酒盛りをしている団体がいました。まだ朝の10時半。いい休日だなぁ。

ぼくは一人で小上がりに着席しました。

こういうとき一人旅は気まずいというか、場所とっちゃって申し訳ないという気持ちになります。

 

ここでなんと!

一人旅の女性と同席しました!明らかに観光客!同い年かちょい上ぐらい。

もし村上春樹さんの小説なら2人は寝ることになるはず。

でも!

声すらかけませんでした!

見た目がタイプじゃなかったので。

・・・身も蓋もない話ですみません。相手だってこんなおっさんに話かけられても迷惑ですよね。1人で勝手に妄想してました。

島を散策

食後は島を散歩しました。季節は10月。日差しが強くて汗だくに。マジで暑かった。。

あと、坂が多い。軽いハイキングです。

行く季節や天気に気を付けてください。

島の湯

島を半周ぐらい歩き、「島の湯」に到着しました。

受付のお姉さんに「R-Asiaに寄ってから来る人が多いけどいいですか?R-Asiaは早めに行かないと混むから先に行ったほうがいいですよ」とアドバイスされました。

が、すでに汗だくなので早く温泉に入りたい。

R-Asiaはこの度ではオマケみたいなものです。「1人でリゾートに行っても…」って感じなので、忠告に感謝しつつ、入湯の受付をしました。

先客は1名。その人はベンチで寝ていたので湯舟は貸切です。

(↑PICA初島のHPより)

オーシャンビュー!!

湯船に浸かると目線が海と同じ高さになります。

目の前には海と空しかない。水平線がハッキリ見えます。

♪空と海が重なった~

とオレンジレンジが何度も脳内再生されました。古いか。

めっちゃ気持ちいい。極楽。初島まで来た甲斐がありました。

お湯はしょっぱいです。

 

お風呂上りは当然ビールです。ベンチに座ってチビチビ飲みました。

クラフトビールですよ!

 

その後、R-Asiaに入園。

亜熱帯の植物が生い茂るアジアンガーデンらしいです。ハンモックに揺られたりアスレチックで遊べます。

温泉のお姉さんの忠告通り、既に人でいっぱいでした。

日陰のハンモックは全て埋まっていました。日差しが強すぎて日なたのハンモックは無理です。

結局ここでは何もせず、ただただ歩きました。

富士山が見えます。

二度目の食事&本州に戻って温泉

港に戻るがここでミスりました。

興味本位で道なき道を進んだりしたせいでかなりのタイムロス。

フェリーは5分前に出港してしまいました。

次の出港は55分後の14:00。やることがないのでもう一度食堂に行きました。

この日のために前日はあまり食べてなかったのでまだまだ胃袋に余裕はある。

「せっかく来たんだし」というのが口癖です。貧乏性。

「もう来ないかもしれないし」と合わせて活用すると、旅行で散財します。

 

13時過ぎ、昼の営業が終わって店を閉めているか満員かの二極化していました。

そんな中、「提供にお時間かかりますが」という条件で入れるお店があったので入店。

時間はあるし食べるの早いから大丈夫。

 

【うえの丸】
磯のり丼1200円
生ビール600円

海苔丼を注文しました。海苔丼ってなによ。文字通り海苔が乗った丼でした!

美味しい!でもぶっちゃけチープな味(笑)。高級なおにぎりを食べてる感じです。

チープで高級って意味分からないかもしれませんが、まぁ海苔ですから。

海鮮丼ほどの派手さはありませんが、優しい味でけっこう好きかも。

米と海苔って相性いいんだなと再認識しました。

 

14:00のフェリーで本島に戻ります。これから何をしよう?

熱海城に行くのが王道かなと思いますが、以前行ったことがあるのでスルーしました。

今回の旅の目的は温泉だ!ということで大江戸温泉物語へ。

ここは立ち寄り湯をやっているのでフラッと行けます。

先ほどのオーシャンビューを見ちゃうとどうしても物足りなく感じてしまいますが、気持ちよかったです。温泉は何度入ってもいい。

ホテルはキレイですしリフレッシュスペースも充実していました。

ジュースを飲みながら休憩。漫画も読めます。

 

温泉から出たら駅前通りを歩いて駅に向かいます。まだ15時半とかですが、もう帰ります。

この旅行、滞在時間は8時間ほどでした!

平日の勤務時間と変わらないじゃん。

ちょっとトラブルがあってすぐに新幹線に乗れなかったのですが、それでも19時前には自宅につきました。

滞在時間が短いので金銭的にもったいない気もしますが時間も大事です。

さくっと旅行気分が味わえて幸せでした。

今回の出発地は名古屋でしたが、東京からならもっと近いです。

土日でリフレッシュするにはちょうどいい距離感の熱海、一人旅にオススメです!