ブロガーが多すぎる件【文句】

ブログ

ブロガーが多すぎます。
かくいう私もその一人ですが。

例えばブログ関連のツイートをすると、どこかのブロガーにフォローされます。
ブロガーはツイッターもやってるのか。

スポンサーリンク

ブロガーはツイッターをやる

「ツイッターで集客しよう」というマニュアルでもあるのでしょうか?
私のような意味分からんやつをフォローしてどうするんだと。

というか、1日経ってフォロー解除するなら最初からせんでいいわ!

あと、フォローだけして私のブログ読んでないのバレてますから!

人のは読まないのに自分のは読ませようとする根性が嫌です。

ブログ 〇〇(検索ワード)

ブロガーはまだまだいます。
「ブログ ○○」で検索すると出るわ出るわ。
○○に入るのは書き方、PV、稼ぐといったワードです。

ブロガーはブログの書き方やアクセス数を記事にしたがりますが、そんなの手垢がつきまくっとるわ!

 

比喩じゃなくて、本当にゴマンとありました。

「ブログ 100記事」で検索したら検索結果が4億9千万でした。ゴマンの1万倍w

ページをどれだけめくっても、無名ブロガーが100記事について語った記事が延々と出てきました。
レッドオーシャンどころじゃないですね。

こんな記事で検索上位を狙うなんて頭おかしい。単なる自己満足に過ぎません。

 

散々ボロカス言いましたが、当然私も書いてます笑。

タイトルは「雑記ブログで100記事を書いた結果」。

新鮮味がないどころかレガシーと呼んでもいいぐらいの記事です。
ちなみに「雑記ブログ 100記事」で検索したら、検索結果は3500万件でした。

もはや私と全く同じタイトルで同じ内容の記事を書いてる人がいてもおかしくないレベルですね。
単純計算で日本の人口の1/3の検索結果数です。

 

なぜこんなにブロガーがいるのでしょうか?
ブログでのマネタイズって流行ってるのかな?

副業時代だから?老後に2000万円を確保できないから?
脱サラしたいから?働きたくないから?

検索する度に新しいブログに出会います。
いまこうやって私が荒れたブログを書いてる瞬間にも、新しいブログが産声を上げていることでしょう。

既存ブロガーはシコシコと記事を書いているんだろう。
みなさまご苦労さまです。

 

ただ、検索上位のブロガーはやはりすごいです。嫌味ではなく。

開設して数ヶ月で何万PVとか。
10記事でアドセンス合格したとか。

どうやったらアクセス増えるんですか!
どうやったら収益化できるんですか!

と、声を大にして問いたい。

 

とか言いつつ、先人の教えを全く聞かない私です。
私の言い分としては、先人と似たようなブログが量産されても意味なくない?ということです。

たまに「この人めっちゃマ〇ブの真似してるな」と一目で分かるブログに出会います。

 

成功者の真似をするのは大事だと思います。
何かを学ぶには先人の教えを聞くのが一番早いですし、失敗するリスクも減らせますから。

しかし、ブログに関しては個性が大事なのでは?
「いや、お前のブログは個性ではなくただの奇抜狙いだ」と言われたらそれまでですが。

ただ、私のようなブログ初心者から見て「これは○○さんの劣化版ブログだ」と思ってしまったら、もうあまり価値がないのでは?

「ポケモンよりデジモンが好きだ!」という人もいるかもしれませんが、それはマイノリティーですよね。
目指したいのはそこじゃない。私ならポケモンを目指しますね。

 

ブロガーが多いということは競争相手が多いわけですが、逆に言えば仲間が多いとも言えます。
仲間を作って励まし合いながら精進するならそれもいいと思います。
私はブログ仲間を作る気は全くないですが。

 

「毎日更新したら必ず稼げるぜ!」を合言葉にして、有名ブロガーさんが薦める本を読んで、貴重な時間を費やしてブログを書き続ける。素晴らしいです。パチパチ。

ブログは最高

サーバーとドメインぐらいの初期費用で誰でも始められます。
何かを仕入れる必要もなく、物を売るわけでもありません。
ひたすら書きまくればいい。

読んでくれる人の役に立ちたいという崇高な精神さえあればいい。
ブロガーが多いということは崇高な精神の持ち主が多いということですね。

みなさんもブログを書いてみてはいかがですか?