与田ドラゴンズのここまでを振り返る

野球

与田監督って結局どうなのでしょう?

良かったこと悪かったことを挙げていきます。

 

良かったこと

・ドラフトで根尾を引き当てる

就任最初に大きな仕事をしました。

根尾選手には期待しかない。

いまチームが弱くても、彼がいるおかげで、

ファンは明るい未来を想像することができます。

 

・貯金を作る

2016年以来の貯金生活。

「今年は違うかも?」と思わせてくれました。

 

・大型連敗をしていない

今年のセ・リーグは大型連敗が多いです。

ヤクルト 16連敗
DeNA 10連敗
カープ 11連敗(継続中)

 

大型連敗していないのに今の順位はどうかと思いますが、

大崩れしていないことは評価できるのでは。

 

・能力を引き出す

大野雄大投手の復活
高橋選手の打撃開眼
柳投手がチーム勝ち頭

 

本人の努力の結果でしょう。

ですが、彼らの活躍は、

与田監督の就任なしにはなかったのかもしれません。

高橋選手をキャプテンにしたのは与田監督ですし。

大野投手も表情が明るいです。

 

・若手や出場機会のない選手の起用

加藤捕手と阿部選手を開幕スタメンに。

溝脇選手や井領選手を起用するなど、

昨年までにはなかった選手起用です。

出場した選手が結果を出しているので、評価していいでしょう。

清水投手と石橋捕手の10代バッテリーにファンは興奮しました。

 

・采配

福田選手を2番に起用
高橋選手を4番に起用
京田選手を開幕スタメンから外す

 

手探りながら最善を見つけようという意思を感じます。

全てがいい結果になっているとは言えませんが、

なかなか面白いです。

 

ダメなこと

・サウスポー問題

応援歌の歌詞「お前」が不適切と発言し大炎上。

チームの成績が悪く、シーズン中というのもあって、否定的な意見が多いです。

監督がどのぐらいのテンションで言ったのか分からないので、

このことで監督を嫌いにはなっていませんが、

普段、野球に興味のないコメンテーターとかに色々言われたのが嫌でした。

中日ファンが小ばかにされたような気分。

 

・選手起用

藤井選手の昇格が遅い
アルモンテ選手の昇降格
捕手の起用

 

昨年まで出場機会のない選手が出るということは、

代わりに出場できない選手もいるわけで。

アルモンテ選手は外国人枠の関係があるとはいえ、

もっと起用法があったのでは?と感じます。

また、交流戦前に大野捕手を二軍に降格させるなど、

捕手の使い方がよく分からない。

 

・采配

清水投手を早めに降板させての継投失敗が2度ありました。

6/16は9回に6点取られてサヨナラ負け。高校野球じゃないんだから。

継投は難しいので全て成功するとは思っていませんが、意味不明な失敗が多いです。

基本的に先発の降板が早い。

それは開幕から一貫しているので悪いとは言えませんが、

大野投手や柳投手のとき、代打を出すべき場面で出さずに、

点を取れないことがあったり。

確実に1点取らないといけない場面で、バントをしない。

逆に、相手ピッチャーの制球が定まっていなかったり、

対戦の相性がいいのに、バントをする。

ちょっとチグハグな印象です。

 

まとめ

勝負勘がないですね。

試合の流れや勝敗を決する場面でのミスが多い。

与田監督は実力で相手をねじ伏せる野球がしたいように見えます。

相手を圧倒する感じですかね。

落合さんの場合は、相手が嫌がることをやる。

結果的に勝利すればいいという印象です。

どちらがいいかは分かりませんが、

与田監督にはもう少し、したたかに勝利をもぎとってほしい。

 

とはいえ、これだけケガ人がいる中で健闘していると思います!

選手個々人の能力はありますし、いまの順位にいるのが不思議なぐらい。

何かのきっかで浮上する可能性は十分にあります。

もし、Aクラス入りして日本シリーズ出場なんてことになれば、

今まで批難していたファンも一気に手のひらを返すでしょう。